ZOHOで広がるWEBオペレーション3️⃣

ZOHOで広がるWEBオペレーション2️⃣から

ZOHO CRM無料版で使えるところ

ZOHO CRMの無料版でも使えるところとなると、わりかしゼロでは無いかな。
特に商談に行ったりするような活動は無いんだけど、本当に使えますかね・・・。
ZOHO CRMキャンペーン項目 
取り敢えず使えそうな項目の1つがキャンペーンかなぁ。
お嬢ちゃんの行こうとしてるとこって、Little Shareって雑誌発行してたでしょ。
例えば号外を頒布会で売り捌くと仮定して、こんなの設定してみる。
なるほど、こうしてプランを策定し、目標を見える化するのはBtoCのビジネスでも使えますね。
確かLittle Shareの価格が1冊500円だから、111部売る目標なんですね。
イベントが終わった後に実際に掛かった費用とか記載するとこがあるんですが・・・。
何事も結果に対する反省は大事だねっ!
希未っちゃん☆
 
こちらがフィードです。
まぁ、簡易的なチャット機能を含みます。
取引先を追加するとなんか連携されるらしい。
これって添付ファイルも付けられます?
付けられますよ。
試しにZipファイルやPythonファイル(.py)を送信してみましたが、きちんと送信されます。
 
ExcelやWordだけでなく、PythonもOKとか、妙に親切ですね(笑)
ストレージが1GBしか無いのキツいところですね。
ファイル伝送をやるとなると、スタンダードプラン切り替えが必要になりそうな気がします。
あと、オンライン上ではPythonファイルを開けなかかったです。
 
ZOHO ドキュメント
一応「ドキュメント」の項目もあるので、ファイルサーバー代わりには使えます。
フォルダを追加して特定のメンバーだけに見れるような設定も出来ます。
試しにこちらにもPythonファイルを上げてみましたが、一応アップはできましたね。
 
ところで大橋さんはPython始めたんですか?
まさか(苦笑)。
興味はあるんですが、最近開発言語を勉強する時間がありません(泣)。
 

総括:小規模プロジェクト向けとして

あくまでも無料プランを使った所感ですが、小規模プロジェクトには向いていますね。
参加アカウント数が3アカウントまでなので、4人集まった段階でスタンダードへの移行が必要になりそうです。
 
ウチは貧乏だから、1アカウントを複数人で使いまわそうかな・・・。
アカウントの使い回しはあまり良くありませんが、まぁ希未ちゃんがいこうとしてるとこ、本当に高齢者ばっかの組織なんで、仕方がないですね・・・。
そもそも操作できる人がいなそう。
今までWEBって言うとネットサーフィンとか、ネットショッピングできる程度にしか思ってなかったんだよ。
私もとある人と案件対応をやった時に、CMSを入れて失敗したとこから、CRMの導入を模索するようになったのよ。
今や業務管理もWEBでやる。
開発だってクラウドでやる時代になったものね。
でも、どんな機能を使うかにもよりますが、無料プランで1GBしか容量がないと言うことを考えると、純粋にCRMだけ使うなら、レンサバ借りてOSSのCRM導入した方が安い気もしますね。
その辺の兼ね合いが微妙ですねぇ。
やっぱりアップデートもあることを考えると、OSSのCRMは少しハードルが高いですねぇ。
環境構築も楽じゃないし。
 
あー、そしたらレンタルサーバーで下手にアタックされた時を考えると、OSSよりクラウドサービスに情報を保管する方がリスク管理の点では良さそうですね。
そうです。
リスク管理の観点ではクラウドを使った方が良いです。
まぁ、無料版CRMは単品だとあまり効力を発揮しないので、Zohoの他サービスである、シート(表計算)を組み合わせて使うのが良いのかもしれませんね。
 
Tags: