優生保護法下の強制不妊とわたしたちの声の上げ方

はじめに簡単に、ある女性のことを書かせていただきます。

その人は、数年前に、ある事情で人工妊娠中絶を選択したことがあります。

 

それはあらゆる苦痛を伴う決断でした。

 

いろいろとここには書けない事情もありますが、1年ほどして落ち着いてからは、彼女には今までになかった知識欲が芽生えてきたのです。

 

その端緒になったのは、「母体保護法」という法律でした。

母体保護法というのは、1996年にある法律が改正されてできた法律です。この法改正のおかげというか、この法律があったために、彼女は(妊娠がわかってすぐに中絶できるだけの要件を備えていたので)中絶することができました。合法的に。

 

しかし、彼女が普通の生活に戻りつつある時期、もちろん今もですが、この法律には引っかかるところがあったのです。1996年の改正です。

 

そこで、彼女は衝撃的な事実を知ることになります。

母体保護法とは、その前身を「優生保護法」と呼ばれていた法律です。

優生保護法の趣旨をあらわす条文を、以下に抜粋させていただきます。

「衆議院」ホームページより)

 

 (この法律の目的)

第一条 この法律は、優生上の見地から不良な子孫の出生を防止するとともに、母性の生命健康を保護することを目的とする。

第四条 医師は、診断の結果、別表(ライター注:巻末)に掲げる疾患に罹つていることを確認した場合において、その者に対し、その疾患の遺伝を防止するため優生手術を行うことが公益上必要であると認めるときは、前条の(ライター注:本人または配偶者)同意を得なくとも、都道府県優生保護委員会に優生手術を行うことの適否に関する審査を申請することができる。

 

第十条 優生手術を行うことが適当である旨の決定に異議がないとき又はその決定若しくはこれに関する判決が確定したときは、第五条第二項の医師が、優生手術を行う。

第五章 優生結婚相談所

 (優生結婚相談所)

第二十条 優生保護の見地から結婚の相談に応ずるとともに、遺伝その他優生保護上必要な知識の普及向上を図つて、不良な子孫の出生を防止するため優生結婚相談所を設置する。

 (配置)

第二十一条 優生結婚相談所は、都道府県に少くとも一箇所以上、これを設置する。

別表(第四条、第十二条関係)
 一 遺伝性精神病
精神分裂病
そううつ病
てんかん
 二 遺伝性精神薄弱
 三 顕著な遺伝性精神病質
顕著な性慾異常
顕著な犯罪傾向
 四 顕著な遺伝性身体疾患
ハンチントン氏舞踏病
遺伝性脊髄性運動失調症
遺伝性小脳性運動失調症
神経性進行性筋い縮症
進行性筋性筋栄養障がい症
筋緊張病
先天性筋緊張消失症
先天性軟骨発育障がい
臼児
魚りんせん
多発性軟性神経繊維しゆ
結節性硬化症
先天性表皮水ほう症
先天性ポルフイリン尿症
先天性手掌足しよ角化症
遺伝性視神経い縮
網膜色素変性
全色盲
先天性眼球震とう
青色きよう膜
遺伝性の難聴又はろう
血友病
 五 強度な遺伝性奇形
裂手、裂足
先天性骨欠損症

むろん、この法律には再審査申請をすることで、「不服申し立て」ができるというエクスキューズもありました。1965年には、措置を不服に思った女性が再審査申請をとっています。ところが、県の審査会は、女性が「法の理解に乏しい」としてこれを退けるということをしています。資料が乏しいのが大きな問題ですが、かりに優生保護法下では、こんな言い方で、ろくな審査もなく、強制不妊の処置がとられていたとしたら、なんという悪意に満ちた行政施策でしょうか。

 

 彼女は法律を少し調べて、訳が分からなくなりました。頭がこんなに混乱したのは生まれて初めてかもしれません。なにしろ、自分を形としては「救う」根拠となった法律が、実は障がい者の方々の心も、そして身体も「傷つけていた」とは、知らなかったのです。

 いえ、ある意味では、障がい者の方々の心を、殺してさえいたのかもしれません。

 レイプと強制不妊、まったく別のものです。体に与える影響も違います。残る傷も違うでしょう。しかし、レイプは、間違いなく、犯罪です。社会からの厳しい目も注がれるのです。被害者の体に、そして何より心に残った傷にみあっただけのことなど何もない、crimeであり同時にsinでもあります。

 強制不妊は、どうなのでしょうか。何しろ、いくら不服を申し立てたとしても、合法です。そして、社会の見る目はどうでしょう。合法で、そしてあまり目に触れることがないようなことに、誰が一緒になって立ち上がってくれるでしょう。どれだけ、孤独をおぼえたでしょう。どれだけ、声にできない憤りに、さいなまれたことでしょう。いえ、おそらく今も。

 

 最近になって、女性たちの間では「metoo」というムーブメントがおこり、今に続いています。当事者が多かったからこそ、女性問題は「問題」たりえたとも言えます。それでも、いまの女性の置かれている立場が、完全なものとはとても言えません。最終的なものからは程遠いでしょう。人類の半分を占める女性でさえ、まだスタートラインに立ったか、立たないかというレベルなのです。いわんや、障がい者をや、というところなのでしょうか。

 いずれにせよ彼女は思いました。

 日本の障がい者という人たちへの向きあい方は、この法にあるのではないかと。

 そして、「母体保護」と名を変えて、今も生き続けているこの法への何とも言えない感情に、薄気味悪さを覚えたのです。

 では、この問題、優生保護法における強制不妊には、どのような法的問題があるのでしょうか。次回は、そのお話に進みたいと思います。

 

Tags: