自民党改憲案の本質はマイナンバーにあり

先日とある野党の党員にあったんだけど、なんかいつになっても野党は9条を話題に出しているなっていう、典型的な会話でしたね。
いや、確かに護憲は護憲で正解なんだけど、9条を焦点にすることってほとんど意味なくって、いい加減、自民党改憲案の本質だけに焦点を絞ろうよっていう、そんな気がしますね。

9条なんか関係ないって・・・、いや、自民党にとっては9条の会見に意味があるから出汁にしてるんじゃん?
それに9条改憲したら日本は戦争できる国になり、徴兵だって復活するんだよ?
それなのに関係ないとか言えるわけないでしょ・・・。

​いやね、9条に関して言えば、解釈改憲なんて小泉政権の時に達成してるんですよ。イラク派兵(ヒゲの隊長全盛期)の時にね。

だいたい仮に9条を改憲したところで国連の敵国条項は死文化していませんから、日本が単独で敵地攻略するようなことはできないんです。
まぁだから集団的自衛権の行使が話題になるわけでして、アメリカのコバンザメにならないと日本は交戦権を持てないわけです。これ、たまプラーザのマダムも知ってること。
自民党改憲案の最大目的は基本的人権の制限にあるわけですが、その本質はマイナンバーが握ってるんですよ。

自民党改憲案の核心は基本的人権の制限なのですが、日本社会で会社生活を送っていると、普段から人権が抑圧されてるので、自分事意識が湧いてこないんですよね。改憲を巡る動きはマイナンバーとセットで見て行くと、その本質が見えて来ると思います。特に私的財産権の制限は要注意です。

改憲の本質はマイナンバーにあり

そう。マイナンバーをめぐる動きは実にキナ臭いんです。
銀行口座との紐付けや、LINEとの連携もやろうとしました。
おそらく緊急事態条項の発動と同時に、資産と思想を監視できるような作理になっている。そんな気がします。
少なくとも資産の凍結は容易ですね。
マイナンバーを銀行口座紐付けすれば、資産の動きは把握できます。
通信契約とマイナンバーを紐づけると、多分、思想も監視できますね。ここで共謀罪が本当に凶暴化するんじゃないかな。なんとなく。
だから改憲の本丸って、実は9条じゃないんです。9条守れを言い続けることに意味はない。
むしろ改憲の本丸はマイナンバーで、マイナンバー+緊急事態条項の発動によって、あらゆる人権や財産が制限される。野党はそこを突いていかないといけない気がしますね。

2018年沖縄選でデニって学ぶ政治の世界

果たして選挙や市民運動で闘う時、今の闘い方に「イマドキっ!」があるか。インスタ女子をトキメカせるくらいの「イマドキっ!」を玉城デニー氏から取り入れよう!

守りだけの戦い方じゃトキメキは生まれない。時には攻めのイノベーションを打ち出し、夢を見せ、未来を歩こう!
玉城デニーの政策から未来の勝ち取り方を学ぼう!

近代京都の不思議な世界シリーズ

京都と言えば和食のイメージがあり、京のおばんざいが有名ですが、実はパンとコーヒーの街であり、カレー食が盛んな街だったりします。

京都と言えば閉鎖的な街という印象が強いですが、その一方で価値観が一歩進んだ街でもあります。
漫画、アニメの聖地がたくさんあったり、アニメファンのためのお祭りが開催されたりと、観光ガイドブックには載らない京都の一面をご案内します。

京都はパンと珈琲の街であり、喫茶店はたくさんの人の思い出を残し、想いが継承されて、歴史を作ってきたのです。
今回は投稿いただいたイノダコーヒの思い出をお届けします。