【日本国債の危機!?】バーゼルⅢ2️⃣

【日本国債の危機!?】バーゼルⅢ1️⃣から
私は常々、財政を健全化するために社会保障は削減すべきって言ってるけど、国家予算を組めなくなるってのは社会保障削減なんてレベルじゃ済まないからね?

大橋さんがツイッターで具体的に行ってた削減論って、もう「シバき政策」なんて言われてたのに、まだそれを曲げないんだ。

コレ見てもおんなじこと言えるかい??

コレは財務省が公表している一般会計の予算だね。
見てわかると思うけど、社会保障の大半を国債で賄ってる状態なんだ。

利息で結構逃げてますねぇ・・・。

見てわかると思いますが、借りた金でほぼ社会保障を賄ってます。
税金は公債の返済や利息、公共事業などに使われますね。
そして、この公債購入はこれまでの、メガバンクが支えてきました。
ですが、メガバンクはバーゼルIIIの要件を満たして行かなければなりません。
メガバンクはある意味で日本という国の最大の投資家なわけですから、国家に要求することが何かはわかりますね?

社会保障の削減・・・。

そう。日本の金融機関は「持続可能な社会保障のあり方を」みたいな題を振ってますが、当然ながら金融機関が要求する最大の課題はPB黒字化です。
財政健全化できないなら今後、日本国債はリスク資産になるわけですから、保持するわけにはいかない。新規の購入は控えるしかないわけです。

現在 今後  
銀行  国債の動き  政府 
 ⬅️⬅️🗞🗞⬅️⬅️
 
銀行  国債の動き  政府 
🙅‍♀️🙅‍♀️🗞🗞⬅️⬅️
➡️➡️🗞🗞➡️➡️

さぁ、財務省の一般会計を見ればわかるとおり、国債を発行できないと社会保障を維持できません。
と言っても直ぐに予算がショートするとは考えられず、目下、目先は日銀が国債を引き受けるであろうと考えています。

それってほとんど異次元緩和じゃないですか・・・。

そう。
もしバーゼルIIIが本格運用になった場合、異次元緩和を続けることになるんでしょうね。
っていうかねぇ、意外と金融機関は庶民から反発されないような社会保障改革を一応考えてはいるのよぉ。
全国銀行協会は『持続可能な社会保障制度に資する金融のあり方』なんて題材のレポート書いて、結構庶民の反応を気にしてる感じのレポート書いてるんだけど、やっぱり本音を必死で隠そうとしてるのが伝わってくるというか、歯切れ悪いよね。
でもって日本の政党で財政感について最も現実を見てるのは維新の会だったりして、長谷川豊なんかはかなり現実をわかっていたと思うよ。

でも彼のブログ炎上したでしょ。

確かに長谷川豊のブログは炎上したし、道義的にもマズイ発言だったのだけど、炎上したことと道義的に不味かったことは、現実的でないかどうかとは別問題だ。
だからこそ、現実をわかってる読者は彼に賛同の意を示したわけ。
維新の参議院議員で藤巻健史さんと言う人がいるんだけどね?
彼の財政感も緊縮寄り。ぶっちゃけ彼の財政感や経済観はとても参考になるし、ツイートをチェックするのも良いかもしれないね。

でも、なんか維新ってなんか苦手なんですよねぇ・・・。

まぁ私も松井以降の維新は好きじゃありません・・・。
橋下の時はいざ知らず、松井の代になってから色々とおかしくなったからね。

【日本国債の危機!?】バーゼルⅢ3️⃣に続くー