WEB構築で最初に考えるCMSのこと2️⃣

WEB構築で最初に考えるCMSのこと1️⃣から
TamaPlaza

CMSを使う上で大事なことは、どんな機能を持っているかと、どんな特性を持っているかって言う事かな。
例えばJoomla!なんかは操作が難しいけど、体系化に優れた特性がある。あと、Joomla!は独自のユーザー管理機能があるね。

私の使うCMSはコンテンツ毎にHTMLファイルを払い出しますね。
対するJoomla!はコンテンツをMySQLというデータベースに保管するっていう動作をしてるし。

まぁでも極端な話、HTMLできてCSS読める人なら、どんなCMS使っても外すことは無いけどね。
ただ、ノンHTMLでなんでも出来るようになるってなると、どうしてもブロック型の方が良くて、お嬢ちゃんみたいなタイプはconcrete5やJS CMSの方がオススメではあるよね。
同じプログラミング言語で出来ているからと言って、同じ機能や操作性を持ってるわけではないからね。

そ、そんなこと言ったって、コレでも結構難しいよぅ!!

ったく、コレだからスマホ厨は・・・。

ブロック型CMSはレイアウトもある程度自由に組めるのが良いですよね。
全般的に飲食店には向いてるんじゃ無いでしょうか。

そうですね。ブロック型CMSは飲食店によく向いてると思います。
例えばメニューを並べたい時とかね。アレをブログ型CMSでやるといちいちHTMLを使ってやらないといけないから、ブログ型CMSが向いていないと思う。

でもブロック型CMSって、一記事一記事に時間掛かりますしねぇ。
手早くコンテンツを量産するには不向きなんですよねぇ。
それ聞くと例えば両方の良いとこどりをしたWEBツールって無いのかなって思うんだけど、そんな都合の良いツールはないよね・・・。

あるんだなコレが。
それが私の得意とするもう1つのCMS、baserCMS。
基本はブログ型なんだけど、burgerEditorってのを入れることによって、ブロック型とブログ型の良いとこを取ったハイブリッドCMSになるんだ。
私の個人ブログなんかは実はbaserCMSを使ってる。

「コーポレートサイトにちょうど良い」がbaserCMSのキャッチコピーだったと思うんですけどねぇ。

それが個人ブログでも十分に使えちゃうんですよね、baserCMS。
前はライブドアブログでやってたんだけど、SSL化しなくちゃいけなくなったあたりで乗り換えました。
baserCMSは3系こそそんなには使い勝手良くなかったんだけど、4系になって格段に使いやすくなったし、薦めやすい。
私が使ったCMSだと、持ってる特徴はこんな感じ。

concrete5  ブロック型CMS。
ノンHTMLでやっていける。
DBにMySQLを使用。 
JS CMS  ブロック型CMS。
IEかChromeでしか管理画面に入れない。
ノンHTMLでやっていける。
DB不使用。
Joomla!  ブログ型CMS。
操作は論理的で直感的でないのが特徴。
独自の会員管理機能があり、コンテンツの体系化に優れている。 
DBにMySQLを使用。
baserCMS  ブログ型CMS。
ただし、burgerEditorを導入することでブログ型とブロック型を併せ持つ
ハイブリッドCMSになる。 
DBはMySQLかSQLiteを使用。
QuickCMS ブログ型CMS
ポーランド製の小規模サイト用CMS。
DBはアプリケーション組み込み型の独自DB。
結構ツールによって特性違うんだね・・・。
っていうか、よくポーランド製のツールなんか使う気になったね。

好奇心好奇心。
QuickCMSは操作こそシンプルで超使いやすかったんだけど、管理画面の構成が中規模サイト以上には対応してなくて、小規模サイト向けって感じだったかな。

CMS選択はWEBをやる上で一番大事なファクターだから、CMS毎の特性はよく知っておいた方が良いね。
どれくらいの規模に育てたいのか。どんなジャンルを扱うかによって向いてるCMSって幾分か違うから、よく考えて導入する、させることが必要なんだよ。

さて、私はぼちぼち多摩センターに戻らないとな。