多摩センたまプラ・ニュータウン談義

TamaPlaza

多摩センターとたまプラーザはよくよく勘違いされる。
てか、多摩センターがよくよくたまプラーザと間違えられるんだけど、住んでるとこの最寄り駅聞かれて「多摩センター」と答えると大抵、こう続きます。
「ああ、田園都市線の・・・」
それ、たまプラーザだから!
まぁこんな感じでいつもツッコミに困ります。

たまプラーザの方が多摩センターよりブランド力高いみたいで結構なことです!

くっ。多摩センターにはサンリオピューロランドがあるっていうのに。

まぁそれで多摩センたまプラ交流会を発足して、多摩センター民である大橋さんがウチに来るようになったと。

まぁそのお陰でこうしてお仕事のおこぼれを貰えたりして、割と助かってはいる。

そういえば大橋さんて何でフリーランスになったの?
 
この記事執筆中はまだフリーランス化してまへん・・・)

ああ、東京通勤が嫌だったからだよ。
いや、だって嫌でしょ満員電車。
田園都市線だって酷いんでないの?
たまプラーザは確かに高級住宅街だけど、働くところって言うのはあんまりないわけで、結構な人が渋谷通勤してるよね。

京都からまた関東に戻る時に増設されるオフィスが横浜でホント、良かったですよ。
ブルーラインならそんなには混まないし、行きはあざみ野から確実に座っていけますから。

ちゅうてもブルーライン、あれ全部優先席ってのがなぁ。
でも、ブルーラインの最大混雑率は135%。
京都地下鉄のラッシュアワーを体験したこともあるけど、東京と比べて快適だし、やっぱ横浜の快適度も高いんだなぁ。
確かに結構東京通いが多いと思うんだけど、たまプラーザなら横浜通勤もそんな苦にはならないだろうしねぇ。

職住一体型ニュータウン

たまプラーザは多摩ニュータウンとは違って、東急の田園都市計画で作られた団地だから、抱えてる課題って若干違うけど、何と無く共通的な課題も持ってますよね。

横浜市のレポートでは若者向けの店が少ないって書いてありました。
まぁ、百貨店くらいしか無いですからねぇ。
まだ良いじゃん。
多摩センターにはゲームセンター2つあるでしょ。
 

あー、まず駅前のマグレブはマジでクレーン当たらないんだよね。そんな有様をさして『まぐれ部』と呼んだりしてな。
だからなんだかんだでタイトーステーションのいかにも売り捌き系の台だけをやってるねん。
まぁでもあれだなぁ。
多摩ニュータウンの達成して欲しい課題と言えば、職住一体型のニュータウンかな。

うーん、でもそれって、たまプラーザには合わなそうな気がするんですよねぇ。

ですよねー。
何で多摩センターとたまプラがよく間違われるんだろ(苦笑)
結局たまプラーザは渋谷にすぐ出れるし、横浜にも近いから、たまプラーザの役割はベッドダウンってだけで充分なんですよね。

多摩センターから都心は遠いの?
 

ああ、多摩センターから都心は割と遠いよ。
京王線だとほぼ確実に座れなくて、新宿まで超絶な混雑を味わう。
小田急でも新宿まで結構距離あって、どっちで行っても40分くらいはかかっちゃう。
あと、なんだかんだでお仕事は渋谷に多くて、結局井の頭線乗り換えってパターンも多いね。
その井の頭線も激混雑になるんだわ。
やっぱそうなってくると、多摩ニュータウンには次のステップとして、職住一体型のニュータウン構想が必要になって来るわけ。
多摩センターは最近、少しずつ再開発は始まってるんですが、それでもなんか決め手には・・・ねぇ。

たまプラーザと多摩センター。
よく間違えられる二大駅何ですけど、両都市の持ってる課題は割と違いが多いもんですねぇ。
   

Joomla!入門シリーズ

Joomla!は高機能ではありますが、操作が難しいCMSとしての側面があります。
ここではJoomla!の紛らわしい操作の1つ、メニュー、カテゴリー、記事の3要素についての概要をお話しします。

Joomla!は使いこなせれば最強のCMSですが、操作に慣れるのが難しい。
ここではJoomla!の複雑な操作の1つ、をご案内します。

Joomlaのリッチテキストエディタはとてもモダンな作りです。
個々の記事自体は編集しやすく、一記事一記事を高速で編集できるようになっています。

Joomla!談義シリーズ

一般的なCMSですと会員サイトを作るのは向いていないのですが、Joomla!には会員サイトを作る基盤が最初から備わっています。と言っても、一般的にイメージされる会員サイトともまた異なります。

Joomla!のデザインテンプレートは高度にフレームワーク化されており、CSSでの改変はそこまで自由には効きません。
デザインの微修正は管理画面で行います。

いわゆる月額制の商用CMSでは作成業者無しでも出来ますが、Joomla!は少し大変です。
出来るだけ業者に頼ることを前提に考えた方が良いかもしれません。