たまプラーザから始めるJoomla!入門②

はい。
じゃあ今回はたまプラーザから始めるJoomla!入門の2回目ですね。
Joomla!は世界で2番目にシェアの高いCMSですから、広まるからには広まる理由があるんです。理由は知らんけど。
1番シェアが高いのは言うまでもなくWordPressで、3番目はDrupal。ちなみに大橋はDrupalから入りました。
2番目に触ったCMSが国産のbaserCMSで、3番目がJoomla!なんですね。
と言うわけではい。実はWordPressは一度も触ったことがありません!
多分、今後もWordPressに興味持つことはなさそうです。

取り敢えず大橋さんがひねくれた性格の持ち主であることはわかりました。
要はアレでしょ?
「みんなと違う俺カッコいー☆」って論理でしょ?

そう。みんなと違う俺カッコいい!
ってそうじゃありません。
そもそも私のCMS研究は、法人で使えるCMS目当てがスタート地点なんです。
いいですか?
Joomla!は世界で2番目にシェアがあるんですよ?
個人のアフィリエイターでシェアを稼ぎまくってるWordPressとは違うんです!
だいたいJoomla!ならではの良さが無しに、シェアなんか伸ばせませんって!

Joomla!のここが凄い

Joomla!には大きな利点が3つあります。

①HTMLやCSSの知識がなくても結構良いのが作れる
②最初から必要な機能がほぼ全て詰まっている
③必要な機能は直ぐに導入できる

まず①の利点ですが、Joomlaはテンプレートを作るデザイナーが世界中にいます
良いテンプレートなんかいくらだって手に入るのです。
なので、HTMLやCSSができなくったって、それなりに良いサイトを作れちゃうんです。
次に最初から必要な機能がほぼ揃っていること。そもそも語源のJumlaがスワヒリ語の「全体的に」を意味するんです。最初から必要な機能が詰まってるんですよ。簡易な身内用サイトも作れる(と言っても会員用のマイページを作る機能まではない)んです。
あと、ツイッターカードは後から追加した機能ですが、コレも直ぐ導入できます。
世界中に開発者がいるんで、新機能導入も苦労はしないでしょう。
てか、他のCMSだと国産ですら、そこそこHTMLやCSSスキルは要求されるんです。デザイン編集にあたっては。
その負担は軽減できるのって、結構良いことなんですよ。

Joomla!の欠点

一方、Joomla!には2点の欠点があります。

①操作が複雑
①操作が複雑!
②記事中にJavaScroptを貼れない

はい。①は大事なことなので2回言いました。
Joomla!は操作が難しく、ツールを覚えるのが大変なんです。
最初はメニューとカテゴリの設定で躓きます。
あと、エディタ上からJavaScriptを貼れません。
クリック型広告なんかはJavaScriptを貼るものが多く、そう言った意味ではJoomla!はブロガー向けではないですね。

ブログのように記事を書けることが必ずしもブログとして使えるわけじゃなりません。
Joomla!は法人向けツールで、小規模個人向けのブログにはあまり適していないです。
Joomla!の強みはコンテンツを体系化しやすいことで、学術サイトでは本領発揮できそうです。
MacBookAir2014
Tags: