Joomla!談義-会員サイトのプラットフォーム


会員サイトのプラットフォームとして

 

これを勉強させられてわかったのは、とにかく操作が煩雑だってことだわ。
なんていうか、よくよく睡魔に襲われて、ほとんど身に入らなかった。
なんとなく日本でシェアが伸びないのもわかるきがする。
少なくとも個人ユーザーだったら、はてなブログとかやるよね。
話半分にも頭に入らなかった場面があったでしょ。
まぁ言われちゃうとその通りで、日本ってブログサービスたくさんあるし、個人でブログ立てるなら、はてなブログあたりがオススメだね。
わざわざ操作が複雑なJoomla!を使う理由はないっていうのは、現実だよね。
 
実際これ、個人で使う人って殆どいないよね。
っていうか多言語対応とか言いつつ、大橋さんもお姉さんも管理画面英語のまま使ってるし・・・。
どうしてJoomla!の使い方なんか教える気になったのかわからないってカンジ。
 キュピーン!
唐突ですが、ここで貴女の思想をチェックします!
 
は?
ちょっと意味わからないしぃ。
あのね、Joomla!って、数少ない会員制サイトを作れるCMSなんだよ。
会員制サイトと言っても一般的にイメージされる、メアドを登録して自動返信を待って・・・のアレとは違うんだけどね。
例えば”自分が会員にしたいと思う人だけを選別したい”場合には、Joomla!の機能が結構役に立つの。まぁこの画面を見てみてよ。
 




   
会員ページにログインした直後ってカンジ。
実際ログインした直後なんだけどね。
こうしたログインシステムを備えたのがJoomla!の特徴です。
あと、日本でのシェアが少ないっていうのは、結構チャンスでもあるんですよねぇ。
WordPressなんかは結構、個人ユーザー(アフィリエイター)がシェアを伸ばしたんじゃないかと思ってます。
でも、主にヨーロッパで信頼されるJoomla!だから、やっぱそれだけ信頼される要素があるんだよ。
 
 
でも、こうした会員登録の仕方をやって、プレミアムなお客さんにだけの特別サービス・・・なんて商売が出来たら良いかもね。
大手企業なんかはシステムにお金をかけられるから出来るクーポンサイトなんかは中小の事業主には出来ないこと。
そんな中小事業主のブランディング戦術の1つとして、懇意にしてくれるお客さんにだけ出来るプレミアムサービスの案内なんかも、Joomla!を使えば出来るかもしれないね。