LOVEマシーンとAKBから聞こえる軍靴の音1️⃣

芸能界はその時代を映し出す鏡と言えるでしょう。
米米CLUBが全盛期を極めた平成初期。米米CLUBが解散し、モーニング娘がデビューした辺りが平成転換期。
LOVEマシーンがヒットし、AKBが登場するまでの間が平成中期。そして、モー娘の人気が下がり、ほぼAKBとももクロでアイドル業界を寡占する様になって着たのが平成後期。そして、そんな芸能界でもいよいよ怖い足音が聞こえる様になったのが、平成末期です・・・。

AKBってなんだかんだで凄いよねぇ。
あんなに踊りが上手いし、想像を絶するトレーニングをしてるんだろうなぁ・・・。

遠果希未


若葉 翠(残務中)

ちょっとー、希未ちゃん、チャンネルかえて下さいよぉ〜。
私たち残務見舞い申し受けてる最中の人ん家来て、AKB観るのはお控えください。
テレビはアニメとニュースと特撮しか見ないんじゃありませんでしたかぁ???
AKBか・・・。
こうして彼女達の踊りを見てると何だか不気味ね。
どこか恐怖すら感じるわ・・・。

センチュリー・大橋

ちょっと、大橋さんは大橋さんでAKBに何か恨みでもあるんですかぁ?
あ、すみません(苦笑)
いやでも、モー娘から違和感を感じていた私としては、AKBのあのレベルを見ると、もはや違和感通り越して恐怖を覚えてしまって・・・。

 

LOVEマシーンの空元気から小泉政権へ

一体私達の世代はどこで政治を選び間違えたのか。それを紐解くには時間が足りませんが、LOVEマシーンが日本の方向性を決める転換期の象徴となった曲ではあると思います。
あの異常性にもっと早く気付くべきだったと後悔しているんですよ・・・。

その時代を生きてて検知するのは無理ですよ。
不景気な時に「不況でも恋はインフレだよ!」とか「でも日本の未来はWOW! WOW!」とか歌ってるお姉ちゃんがいたら、お父さん方はそっち流れちゃいますって。
そうですね。ただ、前も言った通り、LOVEマシーンとHINOMARUは一本の線で繋がってるんですよ。
その途中には永遠の0が居ます。
つまり、平成という時代にありながらLOVEマシーンは戦前回帰に向かう種子を蒔いたのです・・・。

その時代からでしたね。
「強い日本」が求められ始めたのって。
LOVEマシーンの大ヒットからほどなくして始まった政権、何政権だと思いますか。

はい!!
大橋さん大好き小泉政権です!
はい!
その通りです!
小泉政権の誕生ですね。
実は小渕が総理大臣になる前、凡人小渕、軍人梶原、変人小泉って言われてた時代がありました。
私自身が変人だという自覚があるんで、小泉純一郎には大変な興味が湧きました。

因みに大橋さんは小泉支持を1つの失敗と認めますよね?
認めるしかないでしょうね。
小泉支持の失敗と言えば、郵政民営化よりも手痛い失敗が2つあります。
1つが靖国参拝。もう1つがイラク戦争です。

 

 
当時は自民党内にも清和会だの何だのがあるって知らなくて(苦笑)
小泉純一郎の最大の失敗、靖国参拝。これは自信喪失した日本人に大日本病という病を感染させました
続くイラク戦争で対米追従の姿勢を示し、かつ9条の解釈改憲を完遂させています。

大橋さんは安倍政権に対しては否定的な立場ですが、一方で、かつて支持していた小泉政権が作った負の遺産はしっかり引き継いでいます。具体的にはパソナの大学教授のあの人とか・・・。
個人的に竹中平蔵は喋ったら気が合いそうで怖いです(苦笑)。
ただ、9条の解釈改憲はものっそい悪行でしたね(苦笑)。
改憲論議が起きている安倍政権ですが、実際には9条は改正しなくてもOKなのは、前も言った通りです。小泉で解釈改憲は達成しているので、今の9条改正論は目くらましにしかなりません

小泉政権はマーケティングが優れている政権ですね。
彼はB層の支持を集めることに注視していました。このB層の支持ですが、安倍政権の支持層とも重なると見て良いでしょう。
そうです。小泉政権はマーケティング力に優れた政権です。そのノウハウは安倍政権にも引き継がれています
ところでそのB層ですが、こう考えることもできませんか?
モー娘はB層を量産する役割を作ったと。自信を失ってLOVEマシーンでWOW WOWした層には、小泉のセンセーショナルな発言は胸に響きやすいです。

「聖域なき構造改革!」「改革なくして成長なし!」「自民党をぶっ壊す!」
ドラゴン桜が好きで過激な思想をお持ちで性格の悪い大橋さんの好きそうな言葉ばっかりですねぇwww
ドラゴン桜も結構過激な言葉使いますねw
そう。根本的に私は過激派なんです。案外中核派も嫌いじゃないって言ったでしょ?
中核派も核心となるキーフレーズは「やはり革命しかない!!」っていう過激な表現使いますから、過激派な私は関心持ちやすいです(苦笑)

そのドラゴン桜も希未ちゃんじゃないけど、ある意味ネオリベ育成漫画ですからね。
とは言え、小泉政権の代では、まだ大日本帝国病は完成しませんでした。
どこに至るまではまだ文化的土壌は発展してなかったし、ネオリベの象徴とされた堀江貴文も、決して愛国心があるような人間ではなかったって感じですかね。加えてLOVEマシーンだけでは大日本病を発症させる決定打にはならなかったんです。

まぁ当時のモー娘って、ダンスは飲み会の宴会芸の域を出なかったと、当時を知る先輩が言っていたので、それが救いだった感じですかねぇ。
それもそうだと思いますし、当時のつんく自身、特にどっかの政権と癒着してるとかって話は聞きませんでした。
つまり、LOVEマシーンの開発そのものは何にも悪気なく出来てしまったんです。それが市場のニーズとたまたま合ってしまったのです。あの空元気の曲を聴くだけで、95年〜97年にかけて日本の常識が壊された3年間を持ってしても、まだ日本(俺)は大丈夫というイミフな確信を持つことが出来るのです。

平成日本のアイドル業界って不況を糧に発展した感じがありますし、アイドルがB層を量産してしまったとしても、何ら不思議はありません。
それでもモー娘はまだマシだったでしょうね。
良くも悪くも、モー娘の曲や活動で政治的影響を与えそうなのが、LOVEマシーンくらいしかなかったですから。
ただし、AKBは違う。モー娘とは違い、ハッキリと彼女達(AKB)からは軍足の音が聞こえるのです。
彼女達は危険です。油断するとあっという間に世論を操作できるパワーAKBにはある
何より、AKBの規律の取れた完璧なダンスは軍隊の動きそのものです。

 

Tags: ,