そんなに思い詰めてもまだ働いてしまう理由2️⃣

そんなに思い詰めてもまだ働いてしまう理由1️⃣から

何かに所属していたいという願望と強迫観念

しかしアレだ。どんなに思い詰めてもまだ働いてしまう。
ソレで遂に心を壊してしまう理由として、決定的な何かを忘れてる気がする・・・。
以前参加したIT勉強会で、フリーランスになったプログラマーが、こんなことを言っていたんです。
「確かに自由に仕事出来るようになったけど、こういう会に参加しないと自分が1人なんじゃ無いかと不安になる」と。
もしかして人って本能的に何かに所属していたいのかな?
会社を辞めることで、所属がなくなってしまうから・・・。
だから思い詰めても働いちゃう・・・。
それだ。
ホリエモンなんかは「嫌なら辞めればいい。辞めるの自由!」
と言うんだけど、ホリエモンみたいな才気溢れる人とは違い、凡人はなかなか所属の呪縛から逃げられない。
ソレなのに日本企業って仲間同士で助け合って労働環境を良くしようと思わないとか・・・。
ヨーロッパとかだとストライキ起きしたりするじゃ無いですかぁ。
それに関しては朱子学が悪いってことで・・・。
てか、日本の悪い習慣の大半が朱子学で説明つきますから・・・(苦笑)。
でもさ、転職すればまた違うとこに所属はできるよね。
思い切って転職しちゃえばもっと良い会社も・・・。
そんな社畜を呪う決まり文句。
「ウチの会社でやってけないようじゃ他の会社行ってもダメだぞ。」
漢文でやったろ?
梟逢鳩理論持ち出すんだよ、日本人。
転職活動にしても、在職中にやれって風潮が蔓延してますね。
在職中に転職するのって体力的にもキツいと思うんですが、せめて退職後は1ヶ月くらい自分を振り返って求職活動できれば良いのに。
せめて1ヶ月くらい所属から解放されて、気ままに一人旅でもしたいもんです。
しかし、日本の商習慣はその1ヶ月でさえ、所属から外れることを許してはくれない。
そうなると何かに所属していたいと言うのが、本能なのか呪縛なのかわからなくなってくるね。
両方だろう。
何かに所属していることで得られる安心感のために働くのか、ソレとも何かに所属していなければいけないという強迫観念で働き続けるのか。
何れにしても、所属を失うということが、ある種の恐怖に繋がることは確かだね。
加えて再就職し辛い日本の雰囲気と相まって、なかなか会社を辞められない。
でもだからと言って、人間を辞める決断をしなくても良いと思うんだよ!
人間を辞めちゃったら元も子もないよ!
ソレがなかなかできないもんなんだ。
私も精神疾患はやったことがあるからわかる。
なんとなくダメな自分を責めることでバランスを取ろうとして、人間を辞めたい気持ちになってくる。
例えば会社以外にも所属できる何かがあれば良いと思うんですよね。
それだけでも安心感があったりするんじゃ無いでしょうか。
ソレはずっと考えてます。
私は以前からコミュニティビジネスに関心があるんだけど、会社以外の所属場所っていうのが、追い詰めさせない予防線になったりするんじゃ無いかしら。
大橋さんて労働トラブルも何度か乗り越えてるって言ってたよね。
きっとその身体の元の持ち主さんは、せめて自分の置かれてる辛い状況を色んな人に知って欲しかったんじゃ無いかしら。
ご都合よくWindowsのログインIDとパスワードのメモ書きは置いてあったしねぇ。
だから実労働時間が月に400時間もあったこと、タイムカードとの労働時間差が200時間もあったことを証拠として押収できた。それでも元の男の身体が電車にズダーンされたのはイミフなんだけど。
きっと大橋さんがシケメンだったからだよ!
どうせシケメンなんだからコッチが逝ってヨシ!
そう神様が判断したの。多分!
シケメンだったのは事実だからな。傷ついたけど(苦笑)。
まぁ自分の苦労をせめて世間に知らせたかったんじゃ無いかってのは同意する。
私だって精神疾患にやられたときは、周りにわかって欲しかったしな。
だから💡💡💡社の件はマスコミにリークしたしね。
訴訟に勝ってガッポシ踏んだくれたら旅行行くのも良いですねぇ。
鉄道の日のシーズンに山陰本線一人旅とかやりたいですね。
ノマドしながら眺める秋の日本海とか風情があって良い。