オールド左翼政党よ何処へ行く…2️⃣

オールド左翼政党よ何処へ行く…1️⃣から

党名伏せたのにバレるやる気なさ

ちなみに希未ちゃんにはもう1つ危機感を持って貰った方がいい事があります。
今回の失注について大橋さんは自ブログに記事を残していたんですが、党名を伏せて記事を書いていたにも関わらず、Twitter場では希未ちゃんの党だとバレました。
えっ?!
党名伏せて書いた記事で私達の党だとバレちゃうの?!
つまり、今回の失注はただの失注じゃ無いんです。
横浜みらい党の体質の古さが左派政治クラスタに広く知れ渡ってると言う事で、勿論これは由々しき問題です。ゆゆ式問題ではありませんよ?

 

まずですね、大橋さんが「マーケティング」と言う単語を出した瞬間、顔が引きつりましたからね。
それはもう、顔がピキピキとしてたわけですから、彼らの資本主義嫌いは並大抵のものでは無いなとわかります。
いやいや、でも”マーケティング”と言う単語だけで顔が引きつるんですからね?
マーケティング・・・。
せめてオルグって言えば良かったんじゃない?
なんかその時、他にNGワード言わなかった?
ないと思うわよ。
強いて言えば小泉政権がA層〜D層に色分けした上で、B層に特化したマーケティングをしていたことは言ったけど。
ちょっと大橋さん、それ思いっきりNGワードだよ多分!
いくら小泉政権支持してたからって、それは禁句!!
あらやだ、そしたら橋下徹さんや大前研一さんとか出しておけば良かったかしらw
むー・・・。
この新自由主義論者めー。
でも、失注したこと以上にマズイ状況なのは、私が書いた失注記事を読んだだけで、みらい党だとバレたことよね。
しかも全国複数人から。
つまり、これは横浜だけの問題じゃなくて、根本的に組織としての問題点を突かれてるのよ。
そう。その記事を読んだ人から「ああ、あそこは外部の意見なんか全く聞くきは無いし、かといって党員でも異なる意見を言えば”お前は本当の党員ではない”と言うのがお決まりのパターンだから」と言うコメントが寄せられました。
ひえぇぇぇぇ・・・・
どう?
危機感は持てた?
若葉さんがお嬢ちゃんを呼んだ理由って、殆どコレね。

 

 

まぁ横浜みらい党に未来は無いのはわかったし、さっさと次のアプローチ先を探すことにしましょうか。
私達がやりたいのは政党のホームページそのものではなく、政党の価値をあげるWEBプロジェクトですから。
そうですね!
じゃあ横浜みらい党に党員として送り込んでいた弊社社員は引き上げさせます。
もう横浜みらい党の幹部の方と会合する予定はありませんので。
ええっ?!
引き上げちゃうの?!
はい!
私達の仕事は私達のWEBサービスを必要とし、そのプロジェクトによって自らの価値を高め、得票に繋げたい政党のお力になることですから。また次の営業先を探しまーす☆
(ヤバい。わりとあの会合、根に持ってるわ、若葉さん。
そりゃぁ、かなり根回ししてアレだしなぁ・・・。)
 
せめて万一つぎの会合があるとしたら、せめて「マーケティング」と言う単語が出ただけでピキピキしない程度には成長してくださいね。
オルグだかなんだか知りませんが、マーケティング戦略なしで横浜みらい党に未来があるほど甘くは無いですから。
つほほ・・・・、伝えとく・・・。
でも、横浜みらい党は本当に党体質を変えた方が良いと思うよ。
お嬢ちゃんの入る予定の党だから助けてあげようと思って根回ししたのに、党拡大どころか今時必要な価値観すら持ってなかったことに愕然としたのは本当よ?
どうせ地域活動もロクに参加して無いですよね。
与党って予算を使ってるだけじゃなくて、その議員は結構地域活動に参加してますからね?
地域活動参加もマーケティングの内。そう言うのも含めて、キチンとマーケティング戦略組まないといけないんですよ?

いわゆる左派政党は社会主義的なものを目指して活動している政党が多いグループです。
株式会社嫌いな人も多いので、確かにマーケティングって単語はNGワードだったかもしれません。
しかし、民主主義における政治は限りなく競争主義的であり、政治の世界はある意味で新自由主義的な世界でもあります。
そこで大衆から支持されなかった政党は存続する資格を失い、解党に向けてまっしぐらに進みます。政治とはそうした厳しい世界であると言うことを、今一度左派政党には感じて欲しいと思いますね。

Tags: ,