ZOHOの政党活動への活かし方を考える3️⃣

ZOHOの政党活動への活かし方を考える2️⃣から

Tokyo-University Second campus research  Center

取り敢えずZOHO使える人間は3人で充分

でもある意味、地域野党の党員でIT慣れした人が少ないとなると、ZOHOを扱えるのは3人で充分かもしれませんね。
そうですね、3ユーザーまでは無料で使える機能もあるし、それでも良いのかな。
結局、ITフォビアを起こしてるような組織じゃITに理解のある人が異色になっちゃって、その人に管理は集中します。
 
ZOHOにはいくつものサービスがありますが、このうち使えるようになった方が良いのは、CRMとSurveyです。
幸福実現党みたいに何かゲームを作る気ならSprintも使って良いと思いますが、そうそう大きな案件は野党側に動かないでしょう。
 
そう言えば幸福の科学もFF風のゲーム作ってましたね。すっごい初期のファミコンのクオリティだったけど。
でも大橋さん、前も言ったけど、あの党は何か顧客を取って来て仕事するようなのじゃないよ?
知ってるよ。ここで大事なのは、課題の創出とそれに対する解決手段の可視化だよ。
今の野党は何が出来てないかって言ったら、まず課題の発見がキチンと出来てないの。
む、失礼しちゃうなぁ。
私たちにも9条守って日本の平和を守ろうって気持ちがあるよ?
むしろ大橋さんのいうネオリベ政策の方がどんな視点での課題創出だと言いたいのか教えて欲しいくらいだよ。
あとで教えてあげるから、じゃあ9条護憲をすることで、国民はどんな悩みが解決されるのか教えて?
え?
あー、うん、何が解決されるんだろうね?
それをCRMで可視化して具体的な解決手段を提案し表を集めていくことが政党のお仕事なんじゃなぁい?
はい!
ありがとうございました!!
 
ところで希未ちゃん、横浜未来党では党会議やってるじゃないですか。
何か議事録とか残ってないんですか?
え?
残ってないよ?
ぷっ!
飲み会でもやってた方がマシじゃないですか・・・。
結局のところ、そうやってお仲間の飲み会状態になってるから、課題の創出自体が出来てないのよね。
ZOHOは1アカウントでCRMとSurveyを出来るんだから、キチンと市場のニーズを分析して、CRMで可視化していくのがいいんじゃないかな。
うーん、でもさぁ。さっきも言ったように、お爺ちゃん達は操作すら大変なんだよ。
それに、ツールを導入したくらいで党の動きなんて変わるかしら?
立場が変われば人は変わるように、使うツールが変われば人の動きも変わる。
ZOHOを使える人は3人で充分なわけだから、最初は議事録代わりにでも使わせてみたらどうかしら。
現段階におけるまとめ
 
❶当面は議事録代わりに使ってみる
❷surveyで簡単なアンケートを作って市民の悩みを調査する
❸課題を創出して可視化を行う
今の段階では私もZOHOを他の人に導入させた事例がないから、まだ試行錯誤の段階なんだけど、マーケティングもITツールを使うこの時代。政治にだってビジネス的スキルは必要になるね。
ZOHOは1アカウントで複数用途に使えるから、国民ニーズの視覚化に役立ててはどうかしら。